日本教育大学院大学とは?

施設と設備

様々なスタイルに対応する講義室

授業といえば、スクール形式の講義が中心だった過去とは異なり、近年は様々な授業のスタイルや手法が浸透しています。本学ではこのような新たな時代に適応する教員を養成すべく、様々な種類の講義室を用意しています。たとえば、ホワイトボードの教室と黒板の教室をバランスよく配置したり、プロジェクタを利用できる教室を増やしたり、電子黒板の使用できる教室を設置したりするなど、引き出しの多い教員を目指して学ぶための環境を整えています。

教育関係の書籍に特化した図書館

キャンパスで学ぶ学生のために、充実した学習環境を提供します。図書館は教育関連書籍を中心に蔵書があります。主なものとしては文学集や歴史書、心理学系の書籍を所蔵しています。また、教員を志望する方のために検定教科書や指導書などについても数多く所有しています。
もう一つの特徴として、閲覧席を数多く設置していることが挙げられます。これは、自学自習のための空間としての図書館の位置づけを重視しているからです。毎日、予習復習や教員採用試験の勉強のために、図書館で勉強している学生の姿が多く見られます。
また、NII(国立情報学研究所)をはじめ、主要なデータベースとの接続を拡充し、各種データベースに自由にアクセスし、情報収集ができる体制を整えています。

全館無線LAN対応など、充実のネットワーク設備

御茶ノ水キャンパスでは、全館で無線LANの使用が可能です。また、教室や図書館の閲覧席の一部では、有線LANも使用できます。