日本教育大学院大学は、学校法人国際学園の教育理念に基づき、「共生」という視点から我が国の教育課題に立ち向かう優れた人材の育成を基底において、①卓越した高度な教育力と優れた実践力を具備した 小・中・高等学校の教員、②学校を取り巻く教育行政などの業務に関して高度な判断力と指導力を備えた専門職従事者、③学校や地域あるいは企業等で教育指導に取り組み、問題解決に優れた能力を発揮できる専門的職業人や実践的指導者の養成を目指します。このような人材養成の目的を実現するために、教育課程の編成に当たっては、学則第1条第2項に規定する「教育とりわけ共生教育に関する高度な理論及び応用を教授研究し、学校その他で教育指導に係る高度な専門的職業を担うための深遠な学識及び卓越した能力を培う」という目的に沿って、「基盤研究」を基底に「教育研究専門科目群(A群、B群)」、「教育研究関連科目群」、「教育研究実践指導」の5つの科目群で編成し、多様かつ調和のとれた教育体系としています。

「基盤研究」

教育実践の基盤となる大学院レベルの学識の修得を目指す科目。「共生教育研究」および教育の専門職者として必要な職能開発と倫理規範についての資質向上に配慮した科目を開設します。

「教育研究専門科目 A群およびB群」

学校教育その他の教育指導に関わる高度の専門職を担うための科目を開設します。
学校現場や学校を取り巻く教育環境に係る課題の発見と解決のために必要な、教育専門職者に求められる高度な実践的能力の修得を目指した科目をはじめ、理論と実践の往還によって、理論知と課題解決力の統合化を図るために、多様な科目を開設しています。
これら科目は専門領域において、「A群」として共生の視点をもったコアとなる科目と、「B群」として教育に関する様々な課題を中心とした科目に区分して開設します。

「教育研究関連科目群」

教育に関する分野の基礎的素養を涵養するための科目を開設します。

「教育研究実践指導」

大学院修士課程(専門職学位課程)における教育研究の総括と総仕上げを行う科目を開設します。

開設科目は以下の科目になります 。


●基盤研究 <必修科目> 

 「共生教育研究」「専門職者としての倫理規範」「専門職者としての職能開発」


●教育研究専門科目 A群 <2科目 選択必修科目> 

 「教育と哲学研究特論」「教育社会学特論」「教育課程研究特論」「授業方法研究特論」
 「教育評価特論」「教育制度特論」「学習心理学特論」「道徳教育特論」「生徒指導特論」
 「学級経営と特別活動特論」「社会教育特論」


●教育研究専門科目 B群 
 「多文化共生教育特論」「異文化間教育研究特論」「世界の学校教育研究特論」「学習指導要領特論」
 「共感教材の開発特論」「総合学習研究特論」「教育のユニバーサルデザイン特論」「発達教育特論」
 「現代社会における子ども論」「教育法規特論」「学校教育相談特論」「学校間連携特論」「学校と地域連携特論」
 「メディア教育研究特論」「キャリア教育特論」「カリキュラムデザイン演習」「学校教育相談演習」
 「学校不参加生徒対策特論」「学習科学特論」「発達心理学特論」「教育情報セキュリティ特論」


●教育研究関連科目 
 「環境教育特論」「創造的問題解決演習」「言語表現教育演習」「プレゼンテーション演習」「ICT教育利用演習」
 「コミュニケーション研究特論」「教育リサーチ特論」


●教育研究実践指導 <必修科目> 2年次に履修
 「教育実地演習」「修士プロジェクトⅠ」「修士プロジェクトⅡ」


【修了要件】
 必修科目及び選択必修科目(教育研究専門科目A群より2科目選択必修)を含んで30単位以上修得すること。

「4学期制(クォーター制)の学修イメージ(学び方)」

本学では、4学期制を導入し、一年間を4つのタームに分けて学修します。
 それぞれ、<4月〜6月中旬>を第1期、<6月下旬〜9月下旬>を第2期、<10月中旬〜12月下旬>を第3期、<1月〜3月中旬>を第4期に分け、授業を2ヶ月半(約8週間)で集中的に学ぶことができます。また、履修計画についてはそれぞれの学期ごとに自分自身に合わせて計画を立てることができるため、学生の中には、4期のうち1期を短期留学・インターン、課外研究等の教育研究活動などの時間に充てることも可能になります。
 

「学び方<主に 社会人、現職教員>履修モデル(イメージ)」⇒

社会人や現職教員などの社会人学生は基本は週末・集中講義を中心に学修することができます。

「学び方<主に ストレートマスター>履修モデル(イメージ)」⇒

平日の月・水・金曜日に大学院へ通い、学修する場合のモデルです。