学部で学んだ学校教育に関する知識・技能に磨きをかけ、教育の専門職者として学校現場で活用できる実践的能力を身に付けた中核的教員を目指している方。

●教職免許状は取得したが、子どもたちが主体的に学習できる優れた指導法を身に付けたい。

●学校現場で、教育専門職者として教育指導のできる中核的教員を目指したい。

●「共生」の大切さや学び続けることの意味を子どもたちに伝えたい。

学部の講義では、掘り下げて学ぶ機会の少ない、専門性の高い分野を中心に学んでいきます。とくに多様化、複雑化する日本社会の教育現場において、知識として持ち、スキルとして備えておく必要のある、さまざまな理論体系、スキルを学ぶ絶好の機会となるようなプログラムをそろえています。例えば、「教育のユニバーサルデザイン特論」では、子どもたちにとってわかりやすく、学びやすく配慮された教育のデザインとして、さまざまな学びや行動につまずきを持つ子が、通常学級の日常において学習や活動に興味を持ち、新たに視野を広げられるような工夫など教育のユニバーサルデザインという概念と実践を学んでいきます。「授業方法研究特論」では、「学習(学ぶ)」の意味を心理学や文化人類学的に捉えながら、授業論としてのアクティブな学び方について実践的に検討していきます。また、「専門職者としての倫理規範」では、専門職に求められる倫理規範やコンプライアンス(法令遵守)について、ケースも交えて学びます。

《年間、4期のタームを活かし、自身の目指す学校教員として必要なスキル(理論と実践)を学ぶことが出来ます。》

 本学では、4学期制を導入し、一年間を4つのタームに分けて学修するシステムになっています。
 それぞれ、<4月〜6月>を第1期、<6月〜9月>を第2期、<10月〜12月>を第3期、<1月〜3月>を第4期に分け、授業を2ヶ月半(約8週間)で集中的に受講します。
 ストレートマスターで教員志望の方は、平日(月・水・金)の講義を中心に履修することを勧めます。学期ごとに開講する科目を自身の履修計画に合わせて自由に選択し、学ぶことができるため、4期のうち1期を短期留学・インターン、課外研究等の教育研究活動などの時間に充てることも可能です。
公立・私立学校などの非常勤講師をしながらの通学も可能です。

「主に平日(月・水・金)で履修を希望される方【学生(ストレートマスター)】」

「履修モデル」